ちょっとした気づき、認識記事一覧

投稿日:2018年2月10日人生というのは定期的に辛い時期が到来します。そのときにいつも今まで何をしてきたのかと思うわけですが、よく人生は楽しみなさいといわれることが多いと思います。真理という側面から人生とは楽しむものでしょうか?年末から正月にかけて真剣に考えてみたことを今回は記事にしたいと思います。瞑想と幸福感、楽しみ精神世界系の人が20世紀末ごろから楽しいことを仕事にしようというような趣旨の本...

投稿日:2017年11月11日瞑想がかなりうまくなったとしても瞑想状態をずっと日常生活で維持することはできません。何か決断しなければいけないこともありますし、それによって不愉快な気持ちになることもあります。しかし瞑想をすれば本当の自己は常時幸福な状態にあることに気づけます。そのときにホッとするとともに、私はなぜ外的自我が苛烈であるのにずっと幸福な状態を維持できるのかという原理や構造的な箇所が気にな...

投稿日:2014年1月20日昨日は休日恒例の仏さん参り動物援助に行ってきました。相変わらず気持ちが良く感じました。その帰りにある老人を見かけました。おじいさんで杖をつき、やっとのことで歩いているような様子でした。私でなくても「それほど長くない」ことはすぐにわかると思います。そのおじいさんに意識がひどく興味と同情を感じていました。「毎日何を思って生きているのだろう?」「苦しいことは何だろう?」「逆に...

投稿日:2013年8月30日このサイトでも苦悩という言葉をよく使用しています。またビリーマイヤーさんの著作や、釈迦も苦悩という表現を言っているシーンを目にしたことがあると思います。この苦悩というものはいかなるものか、本質的なことを今日は記載しようと思います。賢者はみなこの苦悩というものを非常に重視しています。それは自由を阻害し、幸福と全く逆のものであるからです。逆に苦悩をはっきりと理解できれば自由...

TOPへ