「生老病死」は苦悩ではない

投稿日:2013年5月1日

 

仏教では生老病死は苦悩であるとしています。

 

しかしここには重要な改ざんがあるように思います。

 

少し紹介します。

 

仏教の戦略が隠れている

 

生老病死が苦悩とすると実は仏教の利益があります。

 

苦悩ばかりの人生に人は希望を失います。

 

来世に希望を持つかもしれません。

 

しかし少なくても今の人生に希望はなかなか持てません。

 

そんなときにつらいことがあればどうなるでしょう?

 

絶望をするかもしれません。

 

このようなケースで、人は救いを求めます。

 

絶望を解消したいというのは、この世の中道を求める生命体の永遠の望みでもあるからです。

 

ちょうど寒い日に暖かい風呂に入ると心地よいように。

 

救いは真理でなく、現在では宗教に向く可能性が高いです。

 

すると、生老病死の理論は、やがて信者の獲得になります。

 

生老病死とは何か?

 

瞑想をすればわかると思います。

 

真実にはすべての場面で、苦悩というのは存在できません。

 

ただ生命・幸福があるのみであり、その他のものは存在しません。

 

あの領域には、苦悩はおろか、努力も、思い込みも、やりがいも、生命・幸福などといった精神的価値以外のものは何も存在しません。

 

従って、生老病死が苦悩であるというのは間違いであるようだと思います。

TOPへ