2006年5月29日 霊を直視すると

投稿日:2006年5月29日

 

ただひたすら在り、動き、同じことをし続けているのが霊。

 

あれが霊である。

 

それはただ単純である。

 

そえには名誉・功名・権力・心配などは一切なく、世俗的なものは何も自らに付けようとはしない。

 

それには名前がない。

 

動きであり、その動きとしかいいようがない。

 

それはそれである。

 

男女で表現できない。

 

今日は感覚だけが独立したように、霊の動きにうまく入り込めた。

 

この対象への感覚の一致、同一になったような状態。

 

これが愛である。

 

そのとき対象を認識として自分のものにできる。

 

自分のものにできるとは、この形式・方法以外には絶対にない。

TOPへ