2006年8月12日30歳 高い空気

投稿日:2006年8月12日

 

瞑想で一定の感覚へ入ることができた。

 

全身の感覚がうすくなる。

 

自らが呼吸としての存在に近くなる。

 

突然、呼吸がゆったりとしていることに気づいた。

 

ものすごい安らぎ。

 

そこには苦悩はみじんもない。

 

さらに力を抜く。

 

幸福もある。

 

その存在は愛である。

 

なぜならすべてにおいて生命とはそれを指し、それ以外の生命はないからである。

 

すべての生命体は多様に見えるが、その実、すべてはそれである。

 

つまり愛であり、それは安らぎであり、幸せである。

 

これが現実とすれば、現実・創造とは何とすばらしく快い感覚なのか。

 

永遠に続くことも快い。

 

今日の認識では、創造に厳しさ、つらさを感じなかった。

 

快さしかなかった。

 

ずっとああなら何と素晴らしいだろう。

TOPへ